合気道とは

合気道のイメージは

「合気道って聞いたことあるよ!」

「合気道は護身術でしょ?」

「袴をはいてカッコイイよね」

「相手の力を利用するんだっけ?」

「おじいちゃんが大男を投げているのは何かで見たことあるよ」

合気道という言葉を知っていても、どんな技なのか、何をやっているのか、世間ではほとんど知られていません。


合気道の特徴

⚫護身術

 →自分から攻めません。相手から攻められた時に行う技が中心です。

 →技を掛ける方と受ける方の役割を交代しながら稽古をします。受身の練習をすることが身を守ることにつながります。

⚫試合を行わない

 →勝ち負けを競わないという考え方です。相手を負かそうという気持ちではなく、相手と和を作る考え方を大切にしています。

⚫段位制を採用している

 →試合はありませんが、稽古の数を中心に規程があります。合気道の技と精神の習熟度を測る目安になります。

⚫和合

 →相手との和を大切にします。相手の気持ちを感じながら、ぶつかる力を使わずに答え(正しい技)を探します。

⚫老若男女ができる

 →身体の外側の筋力的な力に頼りません。相手に合わせて技を行うので、感性(集中力)が高まります。

⚫姿勢を良くする

 →筋肉の力でなく体幹の力を使うために姿勢を意識する必要があります。立つ、歩く、座るの基本動作を力に変えて技を行います。

⚫礼儀

 →日本武道として礼節を重んじます。勝ち負けを競わないことから、礼儀を大切にするのは形式上のものよりも相手への敬意からです。


合気道の始まり

明治から昭和に生きた、植芝盛平(以下「開祖」)という人がいました。

開祖は、柔術や剣術などの稽古に勤しみ、武術を極めました。

その強さは単に掴む・投げるといった肉弾戦のみに留まらず、鉄砲の玉すら避けることができたという伝説も残っています。

そのような人が磨き上げていった技が後に合気道になったのです。

開祖は年老いてなお強くなったと言われています。

もちろん肉体的には衰えていき、筋力で若者に勝つことはできません。

技を磨き、心を磨き、強くなる。

暴れん坊のような強さは、合気道に存在しません。

合気道では、真の強さを追求していきます。


合気道を始めるメリット

⚫技の習得

→護身につながります。

⚫年を重ねてもできる

→筋肉的な力を重視していないからです。

⚫やればやっただけになりやすい

→段級の審査要件に稽古日数があります。続けること、積み重ねることを大切にするという考え方です。

⚫始める費用が安い

→必要な道具は合気道衣(道着)だけです。